1. ホーム
  2. 魚種別
  3. カマス釣りの時期

カマス釣りの時期とジグサビキの仕掛けで釣り方を解説!

 当サイトはPRを含みます
カマス釣りの時期と仕掛け
 

カマス釣りは、初心者でも比較的簡単に釣ることができる人気の釣りですが、時期や時間帯によって釣果に大きく差が出ます。

この記事では、カマス釣り初心者でも爆釣できる時期と時間帯を徹底解説します。

カマス釣りの楽しさを共に味わい、心に残る釣りの冒険を楽しみましょう。

あなたの釣り技術が向上し、豊かな釣果を手にすることができます。

 
 

カマス釣りの時期はいつ?

カマス釣りの時期はいつ?

カマス釣りの最適な時期は、地域と目的によって多少異なりますが、一般的には秋は数釣り、冬~初春は大型狙い、初夏は子持ち狙いになります。

カマスは温暖な海を好み、小魚が沿岸に多くやって来ると、カマスの活動が活発になります。

水温が上がるとカマスの群れが回遊してくるため、釣果が期待できます。

カマスアイコン特徴と生態

カマスの特徴と生態

カマスはスズキ目カマス科に属する海水魚です。

多様な種類が存在し、温暖な海域に広く分布する肉食性の魚です。

細長い体形で、くちばし状の大きな口と鋭い歯が特徴です。

成魚はイワシやイカナゴなどを追って沿岸を回遊する習性があります。

梭魚好き人間 梭魚好き人間

回遊性が強く、群れをなして小魚を捕食します

カマスアイコン種類と分布

カマスの種類と分布

カマス科には数十種の種類が存在し、一般的には「アカカマス」と「ヤマトカマス」がよく知られています。

関西で塩焼きや干物、フライなどで食されるのも「アカカマス」と「ヤマトカマス」が多いです。

名称 大きさ 生息地 特徴
アカカマス 50cm位まで成長 北海道以南から南シナ海まで分布 夏に産卵。旬は秋〜初夏。
ヤマトカマス 35cm前後まで成長 北海道以南から南シナ海まで分布 産卵期は春〜初夏。旬は立秋頃から秋
梭魚好き人間 梭魚好き人間

日本各地の海域に広く分布しています

カマスアイコンカマス釣りの時期・シーズンの流れ

カマス釣りの時期・シーズンの流れ

カマス釣りの時期は地域によって異なりますが、水温上昇や餌となる小魚の接岸によりカマスも回遊してきます。

秋には本格的なカマスシーズンであり、多彩な釣り方法が楽しめます。

冬季には大型のカマスが狙えるチャンスがありますので、釣り人は季節ごとの特性を把握し、最適な時期に釣りを楽しむことが大切です。

カマスアイコンどこで釣れる

カマスはどこで釣れる

カマスを狙う際は、潮通しの良い波止や漁港、磯や沿岸部などです。

ポイントは、餌となる小魚が接岸している時期や時間帯を狙うことが重要です。

地元の釣り具店や釣り情報を参照することをお勧めします。

  • 沿岸域や浅瀬
  • 岩場、港湾
  • 河口付近や堤防
  • 岸壁、磯など

人工構造物の周辺が良い釣り場とされています。

 カマス釣りの時期と仕掛け 目次へ戻る

カマスの釣り方とシーズン回遊時期

カマスの釣り方とシーズン回遊時期

カマスの釣りは、特に春から初夏(4月~7月)と晩夏から初冬(9月~11月)が最適なシーズンです。

ルアーフィッシングやジグサビキが一般的で、初心者にもおすすめの釣り方です。

カマスは回遊魚であり、その活動は水温と餌の存在に大きく依存します。

春から初夏にかけて水温が上昇すると共に、カマスの群れが回遊し始め、この時期は比較的小型のカマスが多く見られます。

一方、晩夏から初冬にかけては、体長20~30cmほどの成魚が多く、釣果も良好です。

カマスアイコン釣り方・仕掛け

カマスの釣り方・仕掛け

カマス釣りは、初心者から上級者まで楽しめる釣りであり、特にルアー釣りが人気です。

基本的な仕掛けとしては、軽めのルアーやジグサビキが推奨されています。

梭魚好き人間 梭魚好き人間

ライトゲーム入門に最適です

カマスは歯が鋭いため、取り扱いには注意が必要です。

ルアーフィッシング カマスルアーフィッシング

カマスゲームは、初心者から上級者まで幅広く楽しめる釣りであり、軽めのルアーを使用し、基本はただ巻きでOK。

表層から中層を攻めるのが効果的です。ミノー、メタルジグなどのルアーを使い、ロッドとリーリングで操作しながらカマスを誘引します。

活性が低い時はトゥイッチやワインドでリアクションバイトを狙う。

状況に合わせて、ルアーや釣り方を変えてみてください。

梭魚好き人間 梭魚好き人間

歯で切られるので、やや太めのリーダーを使用するのがオススメ

ジグサビキ カマスジグサビキ

ジグサビキ仕掛けにメタルジグを使用し、着底後にしゃくって落とす動作が基本。

メタルジグのキラメキとサビキ針の効果でカマスを集魚しやすくなる。

ジグの動きを活かし、リトリーブとフォールを繰り返して魚を誘います。

カマスは回遊魚なので、潮通しのいい堤防、漁港は絶好のポイントとなります。

カマスアイコン釣れる時間帯

カマスの釣れる時間帯

カマスは小魚の接岸があれば、昼夜を問わず狙えることができますが、一般的には朝夕のマズメ時に活性が高い場合が多いです。

マズメとは、餌となる小魚を活発に追って捕食する時間帯に当たります。

カマスは群れになって移動する回遊魚なので、一匹釣れると入れ食いになる可能性が高いです。

梭魚好き人間 梭魚好き人間

逆に言えば、群れに当たらないと釣れません

カマスアイコン活性を見極める

カマスの活性を見極める

カマスの活性を見極める際には、潮の流れや天候、水温などの環境要因を考慮し、それに基づいて釣り方やタイミングを調整することが重要です。

また、周囲の釣果や釣り人の声を参考にすることも効果的です。

  • 潮の流れをチェック
  • 潮汐表で干満を確認
  • 餌の動向を観察
  • 天候や気圧の変化に注意

カマスの活性が高いときは、ルアーやエサに反応が良く、入れ食いになることがあります。

釣行前には最新の天候や潮の情報をチェックし、最適な条件を見極めてください。また、地域の釣り情報を収集することで、より効率的な釣りが可能になります。

カマスアイコンカマスを美味しく食べる

カマスを美味しく食べる

カマスは、白身で上品な味わいの魚です。フライ、塩焼き、一夜干しなど、様々な料理に活用することができます。

美味しく食べるためには、新鮮な状態で調理し、適切な料理法を選ぶことがポイントです。鮮度を保ったまま調理することで、その風味や食感を最大限に引き出すことができます。

 
フライ 鱗とエラ、内臓・血合いを除去した後、頭を切りおとし、二枚にひらき中骨と腹骨を取ります。水分を拭き塩胡椒してからバッター液とパン粉をまぶし油でサクッと揚げる。
塩焼き 鱗とエラ、内臓・血合いを除去した後、軽く振り塩をして生臭みを取る。グリルで両面焼いて完成
一夜干し 下処理したカマスを背開きにして、冷蔵庫で塩水(10%~15%)に1時間位浸けてから、一晩外で干して完成。
刺身 カマスの刺身は釣り人の特権です。特に、皮付きで食べる場合、炙りや湯霜で食べるのがオススメです。
唐揚げ 下処理したカマスを三枚おろしにして、腹骨を取ります。一口大に切り、塩胡椒で下味を付けて片栗粉を両面にまぶし油でカラッと揚げる
 
梭魚好き人間 梭魚好き人間

美味しく味わって、楽しい釣りライフをお送りください!

 カマス釣りの時期と仕掛け 目次へ戻る

カマス釣りの時期とジグサビキの仕掛けで釣り方を解説!まとめ

カマス釣り、時期と仕掛け、釣り方を徹底解説!まとめ

カマス釣りは、適切な時期と仕掛けを選ぶことで、楽しくも効率的な釣りが可能です。

朝夕の活動時間に合わせて釣りを楽しむことをお勧めします。

また、仕掛けの選択には、釣り場の状況を考慮し、堤防や船からの釣りに適したものを選びましょう。

梭魚好き人間 梭魚好き人間

カマス釣りデビューの方は、9~10月がオススメです

  • 時期:春から初夏(4月~7月)と晩夏から初冬(9月~11月)
  • 場所:潮通しの良い波止や漁港、お手軽磯
  • 仕掛け:軽めのルアーやジグサビキ
  • 時間帯:朝夕のマズメ時
  • 料理:フライ、塩焼き、一夜干し

潮の流れや天候、水温などの環境要因をしっかりと把握し、それに合わせた釣り方やタイミングを調整することが重要です。

釣具店や釣り情報サイトなどで、最新の釣果情報を確認しましょう。

堤防などで釣りをしている人に声をかけ、情報収集をするのも有効です。

これらの情報を基に、カマス釣りの計画を立ててみてください。

釣果が上がることを願っています!

 カマス釣りの時期と仕掛け 目次へ戻る

カマス釣り 時期 FAQ

カマスは群れを形成し、エサとなるイワシ類の稚魚を追って、水深5メートルほどの浅場から深海まで回遊します。
カマスはルアーやサビキ、冷凍きびなごなどのエサ釣りで効果的に釣ることができます。
カマスの簡単な釣り方としては、ジグサビキがおすすめです。サビキ釣りは初心者でも比較的簡単にでき、効率的にカマスを釣ることができます。

 
遊漁船のイメージ
 
 

Page Top

Copyright © AZU. All rights reserved.